鋼材の加工・販売なら麻布成形株式会社
短納期・小ロットにもすぐに対応致します。

〒279-0025
 千葉県浦安市鉄鋼通り1-9-3

TEL 047-353-9101



16.一般的な鋼管の種類と用途について!鋼管に使われている素材とは?

鋼管は身近な場面で利用されており、その種類は様々。また、鋼管の用途や使われている素材についても、多種多様なものが存在します。こちらでは、鋼管の主な種類や用途についてご紹介します。

鋼管の種類とは 鋼管の種類とは

鋼管の種類とは

鋼管の種類には主に下記のようなものがあります。

ステンレス鋼管

ステンレス鋼は、10.5%以上のクロムが含まれた合金鋼です。ステンレス、ステン、SUS(サス)とも呼ばれています。

炭素鋼鋼管

鉄と炭素の合金である炭素鋼を主な材料、素材とする鋼管です。炭素の含有量によって、低炭素鋼、中炭素鋼、高炭素鋼の3つに分類されます。

安価であるため水道、ガス、油など多くの配管で用いられています。

合金鋼鋼管

炭素鋼にクロムやニッケル、モリブデンなどを添加した鋼です。熱交換用の配管システムや、加熱炉などで用いられています。

鋼管の用途

鋼管の用途

鋼管の用途といえば、まず配管としての用途が挙げられます。配管用鋼管は、一般的に用いられる配管用の鋼管で、その中に液体や気体などを通し、それを輸送するために用いられます。主な用途は、建設、土木、機械分野などで、ガス、油、蒸気、空気、水道などの輸送用として使われます。

ホームセンターなどで売っている鋼管は、ほとんどが配管用炭素鋼鋼管(SGP)になります。

この配管は汎用性の高い配管で、配管以外にも様々な活用方法があります。例えば、直管と溶接のつなぎ手を組み合わせて、階段や通路の手すりとして使われています。

また、ガードパイプ、景観材料、フェンス、チェーンコンベヤ、農業用ビニールハウスの骨組み、植栽棚、一般住宅などにも使われています。

ステンレスの利点

鋼管の中でも非常に多く用いられているのがステンレス鋼管です。ステンレスは、鋼管だけでなくあらゆる製品に使用されており、麻布成形株式会社でもステンレス材の3次元レーザー加工を行っています。そんな、利便性の高いステンレスの利点をご紹介いたします。

  • 耐圧性が高い
  • 小径化や薄肉化によって、軽量化が可能
  • 軽量化によって工事や工程などの負担軽減につながる
  • コストが低く材料費を大幅にカットできる
  • 設置時や万が一の破損でも損失が少なくて済む
  • 品質保持がしやすい
  • 鉄に比べさびにくいので長く使える
  • 衛生面でも安心できる

このようなメリットがあるステンレスの加工をご検討の際は、麻布成形株式会社へご用命下さい。3次元レーザー加工機を使い、お客様のニーズに合わせてステンレスや鉄、アルミを加工いたします。

麻布成形株式会社では、様々な場面で必要な各種鋼管の加工・販売を行っています。3次元レーザーを用いて、各種鋼管の切りかきなど、複雑な形状加工にも対応しています。

豊富な在庫と確かな技術力で、お客様のご要望に応じた製品を加工し、ご提供いたします。千葉県、群馬県などの北関東エリアで鋼管の加工を行う業者をお探しでしたら、ぜひご連絡下さい。

日本の鉄鋼業界の現状

インダストリアルスタイルについて

その他お役立ちコラム

鋼管の加工を依頼するなら麻布成形株式会社へ

会社名 麻布成形株式会社
所在地 〒279-0025 千葉県浦安市鉄鋼通り1丁目9−3
TEL 047-353-9101
FAX 047-353-9119
URL https://www.az-azabu.com/

PAGETOP